おでこ ニキビ

運動部で帽子をかぶって活動していたせいか、おでこにたくさんニキビが出来てとても困ったことがあります。顔には一切できず、おでこだけです。

 

前髪もかかっていて、刺激があることが原因では?と親に言われて、当時おでこは出したくなかったのですが、前髪をちゃんと留めて部活中はこまめに汗を拭くようにしました。正直、前髪をおろしていたので、目立ちはしなかったのですが、跡になると後々困ると思ったのです。

 

また、清潔にするため、帽子も2つ用意してこまめに洗うようにしました。多少ましにはなりましたが、結局思春期ニキビだったのでしょう。完全に治ることはありませんでしたが、部活をやめたら知らない間になくなってしまいましたね。汗はニキビに良くないようです。

 

 

私は10代のころはニキビができることは全くありませんでした。

本当に肌がきれいだと人からよく褒められることが多く、気にしたことがありませんでしたが、20代後半あたりから芯のある膿がたまったパンパンに膨れ上がったニキビが鼻・あごにできるようになりました。

 

一度できたところには、治ってもまた同じところに出来るのが特徴です。もともと油性肌なため、過度な皮脂は取り除くようにしていましたが、やはりそれだけでは治らなかったため、美容皮膚科にすがりました。

 

ノイロビタンというビタミンBの内服で皮脂の過剰な分泌を抑えつつ、副腎皮質ホルモンが少し入った軟膏で膿のたまったニキビを出さずに抑えるというものを使っています(つぶしてしまうとカタになるので)。
完全になくなるわけではないですが、独特の鈍い痛みはなくなったので、現在も使用しています。

 

トップページへ戻る